2011年5月2日月曜日

黒執事2 第12話『黒執事』感想~どうしてこうなった?~

落胆のあまり、
長い間書けなかった黒執事2 第12話『黒執事』感想です。
ほんと一体いつの話?というくらい過ぎてしまったのですが、
どうにもこうにも自分の中では「駄作」に分類せざるをえないというのが…
なんとも悔しくて、感想を書くにも書けなかった次第です。

��期より絵もきれいだったし、
櫻井さんの変態執事っぷりは結構楽しめたけれど…
肝心な部分がどうにも物足らない。

「悪魔との契約」というもののあり方と
「悪魔」という存在そのものについても、
もっとほかに料理の仕方があったのではないか…。

悪魔がなんでもできちゃったら、
それは悪魔ではないんですよ。

たとえ契約で望まれたとしても、
できないことはできない。
悪魔には悪魔の悲哀があり、
悪魔であるからこそ神の摂理から逃げられない部分もあり、
悪魔と契約してしまった人間には、何を手に入れても魂の安息だけは許されない。
だからこそ「悪魔もの」という物語は魅力的だったりするのですよ。

『死の島』が勝手に悪魔の聖地になってたり、
最終回らしく悪魔執事同志の戦闘があったりしたものの…
どこか取ってつけたような盛り上がり方。
そもそも悪魔の剣、レーヴァテインのデザインがどうにも浮いてる感が否めない。
��大体、唯一悪魔に絶対的な傷をつけられるのが、どうして悪魔の剣なんだか…。)

ハンナの中でアロイスとルカが邂逅し、
クロードは自らの死によって、アロイスの価値を再認識し、
トランシー組はある意味完結したのでよしとしよう。
��島が崩れて沈んだだけで、ハンナまで死ぬとは思えないのだけれど。)

ただ…シエルがどうして悪魔にならなきゃいけないんだか…。
しかも皮肉にも悪魔になったことがシエルの魂の解放であるかのように描かれているし…。
そんなのありなんかい!

��期の終わりがあんな形だったことを引き継いだ歪みがもたらした2期のラスト。
��期がちゃんと原作どおりだったら、
��期ももっとじっくり楽しめたのになぁ…という気がして仕方ありません。


悪魔となったシエルがセバスチャンを従え続けるのは、
まがりなりにも生前の契約に従うものだとしても…

シエルがセバスチャンをいじめて楽しんでるとしか思えない!(爆)

「魂を食べるまで永遠に執事である」なんて…
すでに契約として成立してないと思うんですよね。
もう食べる魂ないんですから。

それを唯々諾々として従ってるなんて、セバスチャンらしくない。
「そんな契約は認められません。ですが、坊ちゃんとご一緒するのは私としても、とてもよい退屈しのぎになりますのでこのままお供致します。」
とか言って、自分の意志でシエルのそばにいるのであれば、まだ納得できそう。

原作と違うストーリー展開でも、もっと納得のいく「黒執事」らしさがあれば、
評価できたと思うのだけれど…
ほんと残念だなぁ…。

4 件のコメント:

  1. お久しぶりのコメント失礼いたします。
    本当におっしゃる通りだったんですよね。。
    私もさすがに2期は 1回みたらいいかな・・・って気になってます。
    DVDはOVAみたさに購入してますけど、やっぱり一番のがっかりは
    「黒執事」らしさがないことなんですよね。
    OP×2とEDくっつけただけでの方が満足なくらいで。。(^^;
    セバスチャンがアニメだと別人格になってて
    とても悪魔とは思えない仕上がりでした。。
    1期ですら満足していないというのに・・・。
    クロードの使い方も もう少し何とかならなかったのかと思います。
    変態性は問題ないのですが それだけでは・・・。

    返信削除
  2. なごやん(管理人)2011年5月3日 22:16

    きゃ~♪
    らいちさん、お久しぶりです。
    自分のブログはほったらかしですが、
    らいちさんとこは足しげくお邪魔してましてよ♪
    ��DVDはOVAみたさに購入してますけど、やっぱり一番のがっかりは
    ��「黒執事」らしさがないことなんですよね。
    ですよね~。
    私も5巻だけOVA観たさに買いましたが…
    やっぱレンタルでいいや…と続きは買っておりません。
    もうちょい原作に理解ある監督とスタッフに恵まれたかったかなぁ…。
    いろいろ…残念アニメになってしまいましたが、
    原作の知名度あげることには貢献したかも…
    と自分をなぐさめております。
    うん、あとクロードの変態ぷりは
    あれはあれで楽しめたのでよしとします。
    なんにせよ…原作愛好者にはダメージありすぎでございましたね。
    原作の続きをゆっくり楽しみしましょう♪
    それでは、コメントありがとうございました♪

    返信削除
  3. お久しぶりです。なごやんさんはお母さんだけあって母親の強さをお持ちですね。なごやんさんに励まされて気づきました。
    黒執事Ⅱがあんな終わりをしたけど黒執事Ⅲを制作してると思うので楽しみです。二次創作してなかったら黒執事から心が離れて飽きてたと思う。
    毎月発売されてるDVDは見てるけどシエル坊ちゃん悪魔化はもぐママが激怒しました。本放送は見てなかったけど今年の黒執事のイベントでその事を知り落胆しもぐママ原案で黒執事Ⅱで私にセバシエフォロー小説を書かせたぐらいショックで凹んでました。
    自分のブログでもカキしたけど確かに悪魔があのぐらいで絶命するとは思えないです。考え方にはよって人間である劉様と藍猫が最強になりますよ。二人してセバスチャンの痛恨の一撃
    を喰らって生きてるなんて……
    黒執事と黒執事Ⅱで監督さんが異なるからしたたがないけ構成は岡田さんで同じなんだしとも思うのです。
    本編よりもOAVのクオリティが高い(苦笑) なんだかんだ言って本編よりもOAVの方が好きだったりします。今月でアニ●イト通いも終わるので嬉しい。アニ●イトでなんだかんだ無駄な出費してたなぁ。
    話し変わりますが最近、OAV戦闘妖精雪風にハマっております。製作はGONZOで元は小説ですが原作と雰囲気が異なります。軍隊物の独特な匂いがしません。
    なごやんさんがご存知でしたらごめんなさい。
    今でこそ腐と言う文化が開花したけどひと時代早過ぎた作品と思いました。中田譲治さん素敵過ぎるwww

    返信削除
  4. なごやん(管理人)2011年5月23日 20:19

    もぐ菜さん、お返事遅くなってすいません(汗)。
    もぐ菜さんも今回の震災では、
    いろいろと心を痛めることが多かったのですね…。
    私自身も子供の手前、強がってはいたものの、
    内心はボロボロでした。
    今はすっかり平静になりましたが、
    被災地のことは毎日想っています。
    遠くからでも
    「できること」を「できるとき」に
    「ちょっとずつ」続けたいと思います。
    黒執事2のラスト…
    もぐママさんのお怒りもごもっともです。
    でも、親子で二次創作って楽しそう…。
    うちの子達も大きくなっても
    いっしょにアニメを楽しめるようだといいなぁ♪
    ��考え方にはよって人間である劉様と藍猫が最強になりますよ。
    いえてる…!(苦笑)
    いろいろ不満の残るアニメ化でしたが、
    原作者がもっと「原作準拠で」と押してれば、
    こんなことにならなかったのかもしれませんね。
    何か大人の事情があったのか…
    アニメは二次創作的なものだと原作者も割り切っていたのか…。
    ��本編よりもOAVのクオリティが高い(苦笑)
    もぐ菜さん、なんだかだ言って、ビデオはご購入済みですね!?
    ��私も5巻だけ買っちゃいましたが…。)
    楽しそうな内容が多かったので、あとはのんびりレンタル予定です。
    アニメイト通い…懐かしいですねぇ。
    中学、高校の頃はよく立ち寄りましたよ。
    ��セル画、自分で描いてましたから、画材を買いに…。(苦笑))
    ��話し変わりますが最近、OAV戦闘妖精雪風にハマっております。
    実は、雪風は未視聴でございます。
    ��まだ子育てが忙しい時期で、アニメから少し離れていた頃だったもので…。)
    調べてみましたが…なんという渋い選択…。
    さすがもぐ菜さん、目の付けどころが渋すぎる。
    レンタルで探して、観てみたいと思います。
    それでは、コメントありがとうございました♪

    返信削除

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。