2009年10月9日金曜日

ヒゲぴよ!?

テレビを見ていても、意外とリアクションが少ない長女。
そんな長女が先日、『ヒゲぴよ』を観て、ゲラゲラ笑ってましたよ!?Σ(゚д゚;)



テレビアニメ『ヒゲぴよ』とは、NHK教育『天才テレビくんMAXビットワールド』(18:20?54放送)金曜日の6分間ショートアニメ・コーナー。
(毎週金曜放送。ただし、『天テレ』の構成内容により、時々お休みします。)



今年3月に終了し、幼稚園児にも大人気だった『おでんくん』(リリー・フランキー原作)の放送枠を引き継いだものです。



『ヒゲぴよ』の原作者、伊藤理佐は、知名度ではリリー・フランキーにまだまだ及びませんが、第10回手塚治虫短編賞も受賞(2006)している実力派…ということらしい。



『おでんくん』のキャラもなかなか強烈でしたが、『ヒゲぴよ』もなかなかユニーク。







屋台のひよこにこ?んなのが混じっていて…というのが事の始まりらしいのだが…それにしても、なんちゅー“やさぐれた”ヒヨコやねん!!



言葉はしゃべるし、酒好きで、酒の肴はスルメとかオッサンぽいもの。



屋台の焼きそばが好物。



でもって、一本、筋が通っていて、“漢”(おとこ)っぽいキャラ!?



いや…そもそもこれ、ヒヨコなのか!?



その秘密の鍵は、ヒヨコ屋台のおにーさんが握ってるらしい!



このおにーさん、どこかの謎の組織の人間で、ヒゲぴよをいつも陰ながら目立つ姿で見守っているのだが、これがかなり可笑しい(私はこの辺がツボ)。



私と長女が観た回では、ヒゲぴよに妹がいて、組織の施設から抜け出して、一晩兄のヒゲぴよにお世話になるという話だったが、この屋台のおにーさんの挙動が不審すぎて、やたら可笑しかった。



一方、飼い主の羽田ひろし君(小3)は、イマドキな一人っ子な感じがよく出ていて、絵柄から受ける印象よりずっとリアルなキャラ。



(そっか…うちの長女とひろし君は学年が同じなんだ!!)



“いかにもいそうなひろし君”と“どこにもいないヒゲぴよ”。



現実と非現実の対比。でも描かれていることは、いたって普遍的だったり…。



そのへんのギャップが面白いのかも。





そんないわくつきなヒゲぴよと羽田一家の日常が、DVDになって11月25日発売だそうだ。



『おでんくん』を越えるられるのか『ヒゲぴよ』!?



明日は、ヒゲぴよの放送日。



今度は次女もいっしょに観てみよう♪




2 件のコメント:

  1. 実は、私もひげぴよ見てます。
    娘の英会話の帰り道、車でいつもおでん君見ていたんですが、今はひげぴよ見ちゃってます。
    私的には、おでん君大好きだったんですが、ひげぴよもなかなか面白いですよね( ´艸`)プププ
    でも、おでん君また見たいな

    返信削除
  2. なごやん(管理人)2009年10月12日 8:03

    雨緒さん、こんばんは!
    あ、観てらっしゃるんですね、ヒゲぴよ♪
    あのキャラだし、「びみょ〜だなぁ」と思ってたのですが、観てみたら案外面白いですよね〜。
    オチのつき方が結構好きだったりします。
    おでん君は人気があったので、また再放送とかありそうな気もしますよね♪
    それでは、コメントThanksでした!

    返信削除

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。