2009年11月29日日曜日

劇場版『マクロスF 虚空歌姫?イツワリノウタヒメ?』感想(その2)

劇場版『マクロスF  虚空歌姫?イツワリノウタヒメ?』感想(その2)です。
あらすじを書く前に…ふと思ったのですが、
今回の映画って初代マクロスの劇場版『愛・おぼえていますか』のオマージュだったんですね…。
アルトがシェリルにフォールド鉱石のイヤリングを返すシーン、なんかに似てると思ったら、一条輝がリン・ミンメイに『愛・おぼえていますか』の歌詞を渡すシーンにそっくり…。



ラストにアルトがシェリルに向かって言う台詞、「もう、ひとりぼっちじゃない」というのは、『愛・おぼえていますか』の歌詞でした。



ん?、もうオマージュはテレビ版の方で結構おなかいっぱいだったので、新しい映画版では、もういいかな…という気分だったのですが…。気づいてしまうとどうにも気になって仕方ありません。



テレビ版の時は、オマージュがあっても、鬱陶しい感じはしなかったのですが…取り入れ方に問題があるのか、観る側のテンションが低いところで見せられるせいなのか…。映画版に新しいものを期待する気持ちが大きいのと、作り手側の中途半端なわざとらしさのせいなのか…。(微妙にわかりにくいオマージュなんですよね…。)



私の気のせいかなぁ…。








パンフには、劇場版のマクロスFはテレビ版のパラレルな世界だというようなことが書かれていました。



テレビ版と同じシーンを組み替えて、違うシーンを作ったのも、単にテレビ版の使い回しということではなく、パラレルワールド的な雰囲気を出すのに一役かっていたと思います。



設定も、フロンティアとギャラクシーの関係がテレビ版と違っていることが暗に示されていたり、11年前にランカが肉親と記憶を失った一件の真相は、まったくテレビ版と違ったり…。パラレル要素がちらほら。



だから、今回もグレイスがアヤシいように見せて、実は悪人ではなかった…ということになりそうです…。



(グレイスをテレビ版の先入観で観てると、多分最後に違う意味で騙されますよ!?)



さて、それでは、あらすじを…。



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



《あらすじ》



マクロスフロンティアのニューサンフランシスコの中華店『娘々』でバイトするランカは、美星学園パイロットコースの面々とは顔なじみ。そんなランカが秘かに想いをよせているのは、歌舞伎の世界を飛び出してパイロットを目指すアルト。



そんなランカはシェリルの大ファン。アルトがシェリルのコンサートのバイトのツテで入手したチケットを貰うことになり、大喜び。



シェリルのコンサート本番、「演出」でステージから飛び降りたシェリルを、何も知らず慌てて救出するアルト。だが、彼女のプロ根性を垣間みて、アルトは尊敬の念を抱く。



そんな最中、フロンティアはバジュラの初攻撃を受け、統合軍だけでは歯がたたず、SNSが投入される。



シェリルとアルトは、一緒に避難を開始。やっとのことで地上に避難した頃にはすでに大きな被害が出ていた。



目の前でバジュラにやられる新型VF25のパイロット。



ふと見るとランカがバジュラに襲われているのを発見し、シェリルを残し、VF25に乗り込んでランカの救出の向かうアルトだが、弾切れし、ピンチに陥ったところをオズマに救われる。



傷つきながらも、何か(卵?)をあちこちに射出するバジュラ。



なんとか倒したと思って、ランカを助けようとコクピットを出たオズマを瀕死のバジュラが襲う!!間一髪バジュラにトドメをさしたのは、スナイパーのミシェルだった。



しかし、オズマはランカの目の前で負傷し、泣き叫ぶランカ。その声に反応するかのように撤退するバジュラ達(ちなみにオズマとアルトは初対面で、アルトは初めてオズマという兄がいることを知る)。



一方、シェリルはボディガードのブレラが迎えに現れ、「最短距離」(マンホールから下水経由)でお姫様抱っこで連れ帰られてしまう。



翌日、オズマの見舞いに行ったアルトは、ランカが11年前の事件のせいで身寄りとそれ以前の記憶を失っていることを知る。さらに11年前の事件の詳細を知りたくば、SNSに入る必要がある(VF25の無断使用も罪に問われなくなる)。SNSに入りたいというアルトだが、オズマは24時間の猶予を与える。



ミシェルには甘さが命取りだと指摘されるアルト。



だが、ランカの「アイモ」を聴き、彼女を励ます内に自らもSNS入隊を決意をしていた。ランカのアイモを偶然聴いたシェリルは同じく「アイモ」歌いながら現れる。シェリルは「アイモ」を歌える人間に出会ったのは初めてだと言う。



「アイモ」を中心に深まる謎。



シェリルとグレイスはランカが探すべきターゲットではないかと考え、秘かにランカにブレラの監視がつくようになる。



SNS新入隊員の洗礼は催涙ガス(?)と徹夜のドンチャン騒ぎ。



アルトが新入隊員として忙しい日々を送る中、ランカはオーディション番組に出場したことがバレて停学(?)に。



兄妹げんかの末、ランカは家出。



ミシェルがフォローに廻される。



(オズマは11年前の事件関係者として、キャサリンと捕獲したバジュラの許へ呼ばれていた。)



イヤリングをなくしたシェリルは、探すついでに「アイモ」について教える条件でアルトとデート♪



最近のギャラクシーが以前と変わったことをアルトに話す。



(アルトがギャラクシーに行ったことがあることも判明。シェリルに「そうだと思ったわ」と言われているので、アルトは整形しているかもしれないことを匂わせている。これは、後でアルトがランカに「自分がなくなりそうで怖い」と打ち明ける分かりにくい伏線だった模様。



セグウェイで森林や草原を追いかけっこ。



崖から転倒して怪我をしたシェリルの傷口を吸い出し、手当するアルト(バジュラ感染症は大丈夫!?)。



アルトに「アイモ」は母から教わった歌であること、イヤリングは母の形見で「想いを伝える石」であることを告げるシェリル。



シェリルの素の部分とプロの部分、両方を見て、アルトはプロとしてシェリルに共感と尊敬を持つ。



一方、ミシェルの言葉がきっかけで、ゼントラモールでストリートライブを決行したランカ。その歌声は近くを通りかかったアルトとシェリルにも届いていた。



そして、ランカの声は同じプラント内に保管されていたバジュラにも…。



突然暴れ出したバジュラを急遽廃棄、爆破するレオン。



バジュラの暴走を真剣にいぶかるレオン。



(黒幕じゃないのね。)



夕方、楽しい一日のお礼にほっぺにキスして去るシェリル。



それを見てしまうが、エルモ社長にスカウトされてしまい、アルトに何も言えないままのランカ。



ランカの下積み歌手生活が始まる。



今回の見所のひとつはなんといっても、ランカの下積みCM傑作選でしょう(笑)。



劇場版では、テレビと違って、レオンの裏工作(ランカのデビュー阻止)はありません。



ランカは下積みを重ね、少しずつ、でも確実にランクアップしていく姿が描かれます。



「光納豆」から始まり、「開拓重機」、「ダイナム超合金」、「だるまゼミナール」…。



あ、「娘々」CMの制作風景なんかもありました。



芸が細かいな~と思って観ていた覚えがあります。



(個人的には「スターライト納豆」と「開拓重機」が結構ツボだったりします。)



さて、苦労の甲斐あって、ランカにやっとファミリーマートの地域限定タイアップが実現します。



あれ以来、会ってないランカとアルト。



ミシェルの計らいもあって(ランカにアルトの訓練終了時間を教えたっぽい)、ある日、アルトの訓練帰りにランカが待っていました。



あれこれ言い訳しようとするアルトより先に、ファミマへ連れて行くランカ。



それは、自分のキャンペーンソングが流れる瞬間をアルトに聴かせるためでした。



(テレビ版のランカよりずっと「成長していくランカ」の姿があって、いいシーンでした。)



その後、電車で帰路につく二人。



アルトは「演じ続けることで自分が誰だか分からなくなる」という悩みをランカに打ち明けます。



ランカはアルトの悩みを受け止め、「アルト君はアルト君だよ」と励ましますが、同時に悩む次元の高さに、アルトに対して距離を感じてしまいます。



(このシーン…「銀河鉄道」のような「電車男」のような…電車ネタの演出だったのですが、宇宙を飛んだり、ろうそくが出て来たりせず、普通に二人の表情や光の使い方だけで内面を描いてほしかったなぁ…と。いいシーンだったのに、演出のせいで正直ちょっとしら~っとしてしまいました。)



一方、フォロンティア政府内では、バジュラ襲撃はギャラクシーの謀略ではないかとの憶測が出始めていました(このニュアンスから、映画版では、船団双方がもともとあまり友好的な関係ではなかったことが示されています)。



あまりにもタイミングが良すぎるということで、当然、ギャラクシーから来たシェリルとグレイスもスパイ嫌疑がかけられてしまします(というかギャラクシーから来る人がそんなに少ないくらい船団の仲が悪い?)。



シェリルへのスパイ容疑について、SNS内のアルトも知る事に。



そんな折り、アルトは格納庫内で偶然シェリルのイアリングを見つけてしまい、タイミング良く、ラストライヴを翌日に控えたシェリルからも呼び出し電話をくらってしまいます。



一方、ファーストライヴを控え、緊張していたランカは、偶然、アルトとの待ち合わせ場所で待つシェリルと出会います(同じ日にライヴ予定だったんですね)。



シェリルにデビューやライヴについて報告するランカ。



同じ業界の先輩後輩として、心を通わす二人ですが、歌声に反応したアイ君が間が悪く逃げ出してしまいます。二人でアイ君を追いかけているところに、これまたタイミング悪くアルト登場。シェリルがランカに何かしようとしていると誤解したアルトは、シェリルを突き飛ばし、ランカをかばおうとします。



アルトはシェリルにスパイ容疑がかけられていることを伝えます。だが、アルトにまったく信じてもらえていない事にショックを受けるシェリル。



(ちょっとわざとらしいシーンで苦笑。)



駆けつけたオズマからは、ランカは外出を禁じられ、安全のためライヴも中止するように言われてしまいます。



一方、シェリルは孤独感をつのらせていました。



シェリルのイアリングを返せず仕舞だったアルトは、それが「想いを伝える石」であることをふと思い出し、髪をほどき、シェリルのイアリングを身につけてみます。



すると、なんとシェリルの孤独な想い、哀しみがそこから溢れ、感応して悶えてしまうアルト!!(サービスシーンだ~~~!!…と喜んでしまいました(汗)。艶っぽかったな…アルト。)



「ひとりぼっちはイヤ…!!」



シェリルの心と過去を知り、ライヴ前にイアリングを渡しに行くアルト。



だが、そこにはオズマとキャシーやグレイスも現れ、スパイ容疑について一悶着。グレイスは、フロンティアがギャラクシーのSOSを無視したことを暴露して反撃。



疑惑があったとはいえ、星団法を無視したことになることを知り、驚くキャシー達。



結果、スパイ容疑は棚上げになってしまう。



シェリルはオズマを通じ、巨額な私財を投じてSNSにギャラクシー救助の出動要請をかける。



話はすぐにまとまり、ミッションコード「銀河の妖精」(「要請」のダジャレ?)が発令。



アルトも出撃することに。



シェリルはアルトにイアリングを預け、必ず帰って来るように言う。



ここからは、おなじみのライヴの歌&戦闘という展開に。



なぜか出撃するクウォーターにはキャシーも乗艦。



クウォーターの善戦もむなしく、バジュラの猛攻の前に、市民脱出船3艦が撃沈。



その頃、ランカはシェリルのラストライヴ会場で初めてメールでSNSの出撃を知る。



「今、戦っている大切な人たちへ…。」



『ダイアモンド・クレバス』でのシェリルの台詞から彼女は先に出撃を知っていたことを知り、それでも毅然と歌う姿に感銘を受けるランカ。



一方、残る7艦がフォールドには成功するも、歌に引き寄せられるようにバジュラ達もフロンティアへと向かってしまうことに。



バジュラの乱入でライヴ会場は大混乱に。



ランカはフラッシュバックで自分の歌がバジュラを引きつけるかもしれないことを思い出し、囮になるべく歌い走り出す!



(リトルクイーンの力が顕現?)



そして、アルトの目の前でさらわれてしまうランカ。



オズマがシェリルの護衛に付き、ランカ救出に向かうアルト。



(歌姫の前にバルキリーがアップで割って入るこのカット…「愛・おぼえていますか」からのパターンなんですが…ちょっと飽きたような…。)



まあ、ここからの戦闘シーンはそれなりに見応えありなので、細かくは書きませんが、TV版の焼き直しと見られるシーンも、シチュエーションを変えたりして見応えあるシーンにリメイクされ、新作カットとの違和感もなくなかなか良かったです。



ミシェルも…あわやと思わせて、今回は無事。



戦闘が終わり、からくもバジュラを退けたフロンティア。



シェリルは、イアリングをアルトに預けたままにします。



劇場版では、ランカの方がアルトに一歩近い感じ。



『イツワリノウタヒメ』では、アルトとのシーンの多さと関係の深さは反比例してるように思います。つまり出番の多かったシェリルの方は、まだ友人の域を出ない。



人間としての共感はあるかもしれませんが…。



『サヨナラノツバサ』では、ランカのシーンは増えそうだけれど、逆にシェリルが巻き返すか!?



テレビ版とパラレルの世界とはいえ、結局三角関係にピリオドはなかったりして…。



あ~、早く『サヨナラノツバサ』、予告編でもいいから観たいな~。




0 件のコメント:

コメントを投稿

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。