2009年11月9日月曜日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第31話『520センズの約束』感想

え…と、520センズの小銭っていつ借りたんだっけ…と真剣に悩んでしまった今回…(多分、29話にウィンリィに電話するために小銭借りた…あれですよね?)。



鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第31話『520センズの約束』感想です。



長女と次女のインフルエンザやら何やらバタバタしている内にすっかりお休みしてしまいましたが、久々のレビュー。



今回はバトルなしの回でしたが、物語が北へ向かう序章といった感じでしたね。


そして、キーワードは「またな」。



再結集できる日はそう遠くない?



エドとアルは、リザからイシュヴァール殲滅戦のこと、ロイ達の目指す夢のこと…あれこれ話を聞いて、自分達の未来のこと(=体を取り戻したその先)にも想いを馳せる。いつの世でも人を動かすのは夢…ということなんですね。ま、ちょっとこそばゆい話ではありましたが。



「お父様」との一件から、錬金術と錬丹術の違いに可能性を見いだすエド達。



でも、頼りのメイ・チャンは姿を消し、スカーと合流。



また、マルコーの死は実は偽装で、マルコーもまたスカーと行動を共にすることに。



“アメストリスの錬金術はおかしい。”



真の敵を知ったスカーは、はじめて兄の遺した言葉と研究の重要性に今になって気づいた…ということでしょうか。



しかし、あの状況で、マルコーに兄の研究所を紐解かせることを思いつくとは、スカーって思った以上にスゴい男かも。マルコーの顔をつぶしたのは、容赦ないですが、それも治療できるメイがいたればこそ。容赦はないけど、いちいちやることに無駄がない。まるで、どっかの「契約者」みたいだ(苦笑)。



そして、スカー一行は研究書を隠した北へ。



ロイと部下達はそれぞれ「またな」と再開を約束し、東西南北へ飛ばされていきました。



あ…一人は北ですから、出番がありそうですよね。



そして、メイを探すエド達と偶然出会い、ホテルまで送るロイ。



小銭の金額、きっちり覚えてるなんて意外と細かいですな…ロイ!(笑)



「大総統になったら返してやるよ。」(エド)



520センズは未来をつなぐ約束の印になりました。



そして、やっぱりここでも「またな。」



皆、状況は厳しいけれど、諦めていない。「次」を見つめているということで…。



今回は、OPの歌詞を辿るような回でしたね。



フーと共にセントラルを去るランファンも、腕にオートメイルをつけて舞い戻ることを心に誓っていました。



別れの多い今回、再会を果たしたのは、ノックス一家。



息子が医師を志したことに動揺しつつも喜ぶ父、医師の心を失っていない父(夫)に安堵する息子と妻…。



「こんな俺でも家族とコーヒー飲むくらいの幸せは願っていいよな…。」



普通の幸せがこんなに切ないなんて…ね。



ノックスさんには何事も起こらないでいて欲しいものです。



そして、ありがたくない復帰と再会はキンブリーとホムンクルス達。



グル…なんですね、この方達。



コマとしては、キンブリーは充分な働きをするから…ということですか。



キンブリーもスカー殺害とマルコー捕縛、ついでに街ひとつ潰すために、彼もまた「北」へ。



マルコーの弟子達が開発した賢者の石をさらにもうひとつ持たせるエンヴィ。黒い…。でも、たしか研究班の大半は口封じのため、処分済みのはずでしたよね(少なくとも第5研究所関連の人たちは)。



後で必要になるなら、処分しなければよかったのに…結構ズサンな計画だと思うのは私だけ?



それとも現状に計算外の事態があるのか…。



マルコーさえいればいいから、後は始末したのか…。



ま、北での展開の中で追々分かってくるのでしょう。



チェスのキングのコマ内のメモにはグラマン中将への秘密の連絡番号が。



クラブのマダム・クリスマスを仲介して、グラマン中将への渡りをつけたロイ。



反撃の糸口はつかめるのか…。



それにしても、グラマン中将…食えない方というか、できた方だ。



あえて辺境にいるのも、わざと…だったりして。




予告の黒い大総統親子がなんか怖い…(汗)。



2 件のコメント:

  1. なごやんさんこんばんは、ご無沙汰しております;
    すっかり司令部メンバーの出番が少なくなりつつあるので、今週しっかり見れてよかったです!
    ��普通の幸せがこんなに切ないなんて…ね。
    イシュヴァールでの過去があったとしてもノックスさんには幸せになってもらいたいです
    ノックスさんには支えてくれる家族がいるんだし、その人達のためにも過去と向き合うことが必要ですよね…
    家族の絆を感じさせてくれる演出で思わず切なくなっちゃいました
    ��予告の黒い大総統親子がなんか怖い…(汗)。
    ほのぼの親子会話もなんだか真っ黒に見えちゃいますw
    セリムの正体がわかるは…もうちょっと先だと思いますけど(苦笑)
    あ、でも来週のエドとのやりとりとかも楽しみです!
    ではでは、お邪魔しました!

    返信削除
  2. なごやん(管理人)2009年11月9日 20:57

    李胡さん、こんばんは♪
    こちらこそご無沙汰しております。
    新型インフルエンザ、我が家の娘達はけっこう手ひどくやられて、時間がかかってしまいました…(まだ長女は欠席中)。
    そのせいばっかりでもないのですが、すっかりレビューが遠のいて…(苦笑)。
    ��すっかり司令部メンバーの出番が少なくなりつつあるので、今週しっかり見れてよかったです!
    一人だけポーン…なのがちょっぴり笑えたりしましたが…。
    しばらく見れないキャラ達もじきに戻ってきてくれるだろうという気持ちで観てました。
    ロイの所は補充人員なし…なんですかね(苦笑)。
    ��家族の絆を感じさせてくれる演出で思わず切なくなっちゃいました
    本当、切ないですよね…。
    このタイミングでこういうのはズルいなぁ…と思いつつ、ハガレンのいい所ってこういうとこなんですよね、きっと。
    しかし、普通のいいご家庭に見えるのに、ノックスさん、以前はよっぽど荒れてたんでしょうね…。
    ��セリムの正体がわかるは…もうちょっと先だと思いますけど(苦笑)
    え…まだなんですか!?
    もう、なんか真っ黒親子にしか見えないし、そろそろ種明かしかと思ってたのですが…。引っ張るなぁ

    返信削除

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。