2008年10月9日木曜日

マクロスF 主人公「早乙女アルト」には実在モデルがいた!

マクロスF 主人公「早乙女 アルト」の実在モデルとは!



マクロスFの「早乙女 アルト」には、実在モデルがいます。
それは、大衆演劇の劇団朱雀2代目、天才女形、マスコミから「流し目王子」と呼ばれる、「早乙女 太一」に他なりません。





 [25%OFF] ジグソーパズル 早乙女太一 [綺羅] 300ピース




早乙女 太一



1991.9.24生まれ(17歳)



B型 身長173cm



新歌舞伎座の最年少座長記録保持者



テレビ、映画等、多数出演。



主な出演



映画



『座頭市』(「おせい」の幼少役)



『TAKESHIS'』(「早乙女 太一」として出演)



テレビ



・ドラマ



『堀部安兵衛』(NHK)(少年期の堀部安兵衛役)



『風林火山』(NHK)(北条新九郎役)



他、数本。



・バラエティ



『Dのゲキジョー』(フジテレビ)



『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京)他



昨年の紅白歌合戦で坂本冬美の応援として演舞。



公式サイト



早乙女太一 Official Homepage



参考:早乙女太一Wiki







単に「名前が似てる」とかではなく、年齢、経歴、父との隔絶(?)説などに加え、端正な素顔が、アルト君にそっくり!ほぼ間違いないと思います。アルト君と同じ髪型を舞台でしてるのが、あるんですが、これがまたそっくり!



マクロスF放送開始頃(4月)に、たまたまテレビで「早乙女 太一」君を見て、「これだ!」と思ったのですが、当時、私はまだブログを立ち上げていなかったもので…。



他のサイトやブログでも、あまり言わないし、話題にもならないので、周知の事実なのかと思って、あえて書かなかったんですが…。



もし、どこか、公式のブログやアニメ誌、インタビューなどで、すでに取り上げられたりしているようであれば、コメント欄でお教え下さい。



(そういう場合は、恥ずかしいので、記事を削除しようかと思います…(*v.v)。)






0 件のコメント:

コメントを投稿

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。