2009年4月4日土曜日

「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい4」参加します♪

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人様の



「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい4」


企画に参加させていただきます♪



評価作品は、黒執事、ガンダム00 2ndシーズン、まりあ†ほりっく、ソウルイーター、続夏目友人帳の5作品です。



黒執事




ストーリー:0

キャラクター性:4

画:5

演出:1

音楽:3

総合的な評価:2



総合点:15



ストーリーは、OPやEDとの絡みまで含めて、大まかな構想が当初から出来ていたとおぼしいのに、オリジナル部分のプロットがあまりにも荒唐無稽で著しく原作の雰囲気を損ねるものだったため、あえて0点にしました(オリジナルがお好きな方、ごめんなさい)。



グレルなど、原作キャラの描写は非常に良かったのでキャラは4点に。



画はきれいだったし、マダム・レッド編は良かったので…非常に残念な作品でした。下品に走らず、もう少し抑さえめな演出の方が、この作品の味が出たと思います。



ガンダム00 2ndシーズン



ストーリー:4

キャラクター性:3

画:4

演出:4

音楽:4

総合的な評価:4



総合点:23



まとめ方としては、悪くなかったと思うのですが、キャラが多過ぎて、描き込めてなかったため、終盤の展開が上滑りした感が大。画はCGとのバランスも自然な感じで良くできていて、音楽もそれなりに良かった。初代ガンダムを超える記念碑的作品を目指したとおぼしいが、一歩及ばずというところか。



まりあ†ほりっく



ストーリー:3

キャラクター性:5

画:5

演出:5

音楽:4

総合的な評価:4


総合点:26



こうして数字にしてみると、自分でも意外に好評価なのにびっくり(笑)。



この手の作品としては、申し分なかったと思います。正直、面白かったです(笑)。



ソウルイーター



ストーリー:5

キャラクター性:5

画:4

演出:5

音楽:5

総合的な評価:5


総合点:29



いろんな意味で文句なし!たまに作画がいまいちな回もあったので、作画のみ4にさせていただきました。エクスカリバーの衝撃はいまだに忘れられません(笑)。



続夏目友人帳




ストーリー:5

キャラクター性:5

画:4

演出:5

音楽:5

総合的な評価:5


総合点:29



毎回、良かったですねぇ…。たまにニャンコ先生の動きがカクカクしてたので、画だけ4に。後は、申し分ないです。



原作では、“点”として描かれていた部分を、あえて原作と順番を変えることで“線”として描き、シリーズとしてきちんと構成したアニメ版スタッフの手腕が見事でした。非常に素晴らしい出来だったので、是非3期を待ちたい作品です。



《各ベスト賞》









ベストキャラクター賞:エクスカリバー(fromソウルイーター)



ブシドー(グラハム)とニャンコ先生&斑とも随分迷ったのですが…、



登場回数の割に、あまりにもインパクト大で記憶に残るキャラだったので、エクスカリバーに。



ベストOP賞:UVERworld「儚くも永久のカナシ」(ガンダム00)



文句なしに、これかなと。




ベストED賞:高鈴「愛してる」(続夏目友人帳)



曲自体がどうというより、EDとしての選曲と使い方が、作品と非常にマッチしていたので。




ベスト声優賞・男性:井上和彦さん(ニャンコ先生&斑/『続夏目友人帳』)



毎度、ニャンコ先生の笑える奇声に癒され、斑の声にうっとりし…。



やはり芸達者であらせられます。




ベスト声優賞・女性:斉藤千和さん(ルイス・ハレヴィ/『ガンダム00』)






ルイスの熱演が素晴らしかったので。





今期は終わってしまうと、少し寂しい作品がありましたが、次はどうでしょう…。



私の居住地区では、不景気の影響もあってか、放映本数が少なくなったり、放映が遅れたり…とちょっと寂しいです。



↓ぽちっとよろしく♪



人気ブログランキング参加中



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

TREview






0 件のコメント:

コメントを投稿

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。