2009年4月13日月曜日

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第2話『はじまりの日』感想〜アルフォンスの見たものは…〜

幼い日のエドワードとアルフォンス…二人の侵した禁忌により、エドは錬成陣なしの錬金術が可能になった。では、アルフォンスは?体すべてを失って得たものは何だったのか。
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第2話『はじまりの日』感想です。



「真実から目を背けることで、得られる幸せとは…。」第3話の次回予告が、本編を見た者には、エドとアルに向けられたものであるようにも感じます…。母親の死を受け入れ、禁忌さえ侵さなければ、人並みに幸せな日々が送れたかもしれないのに。



鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 1 [Blu-ray]




アルが肉体のすべてを失ってまで得たものは、まだ明らかになっていない。
魂が戻ってくる代価にせっかく得た真理の記憶が封じられてしまったのか?
アルにしつこく問わないエドは、あの扉の向こうでの出来事が、まだ自分自身現実の事として受け止められていなかったのかもしれない。
よくアルに聞けば、それだけ大きな代価を支払って得た何かの手がかりがあったかもしれないのだけれど…。



なんでもいいけど、4、5歳であんな正確な図形がフリーハンドで描けるだけでも大した才能です(笑)。



二人の錬金術の先生も錬成陣なしで錬成できるらしいですが…、彼女も禁忌を侵した…ということか?



扉の前にいる真理と名乗る存在は、「お前自身だ」と名乗るだけあって、微妙にエド本人にキャラが近いような?



真理は、自分自身の中に、使われていない大脳皮質に、細胞のひとつひとつにあるのだったりして…(だから、自分自身の中にある読めない知識を読むために、代価として自分の体が消えていくのかも)。



扉の絵は逆さまになった「生命の樹」。ユダヤの神秘主義カバラに見られるものですが、“汝自身を知れ”という教えが含まれているとか…。





鋼の錬金術師 SCULPTURE ARTS エドワード&アルフォンス鋼の錬金術師 SCULPTURE ARTS エドワード&アルフォンス


販売元:スクウェア・エニックス

発売日:2008/11/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する





(あらすじ)



幼き日、母親を失ったエドワードとアルフォンスは錬金術の修業を積み、禁忌である人体錬成で母親を錬成しようとした。



エドは右脚、アルは全身を失う。左脚と引き換えに得た知識で、エドは錬成陣なしで錬成することが出来るようになり、その力で今度は右腕と引き換えにアルの魂を錬成し鎧に封じた。



アルフォンス兄弟をスカウトに来たロイとリーザは、事の次第を知り、国家錬金術師への道を提示する。ウィンリィはリーザの言葉に自分と同じ「大切な人を守りたい」という想いを知り、リーザに対し心を開く。



エドは、アルの身体を取り戻すため、オートメイルの手術を受け、1年でリハビリを完了し、国家錬金術師の試験に合格。「鋼」の銘を得た。



今、エドとアルの二人は、賢者の石の手がかりを追って、リオールへ向かう汽車に揺られていた。



次回、第3話『邪教の街』。



リオールでは、何が待っているのか…。



明らかに、死者をよみがえらせるなんてアヤシすぎる(笑)。



↓あのでっかい目玉はちょっと怖い…。ぽちっとよろしく♪



人気ブログランキング参加中



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

TREview




↓ トレビューの評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い




鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 鋼のビスケット占い BOX《予約商品06月発売》鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 鋼のビスケット占い BOX《予約商品06月発売》


販売元:あみあみ

楽天市場で詳細を確認する
















6 件のコメント:

  1. なごやんさんこんばんは!
    なんだかハイスピードで進んでますが、今回もいろんなところに伏線が~(汗)
    人体錬成のシーンは何度見ても悲しくなります…わかってはいるんですけど、エドとアルがどれだけ必死だったとか考えると…(´;ω;`)
    ��4、5歳であんな正確な図形がフリーハンドで描けるだけでも大した才能です(笑)。
    あはは、さすがなごやんさんナイスツッコミですね( *´艸`)
    それもある意味二人の才能!?錬成陣は綺麗に描けるのに錬成するもののデザインが微妙なエドにもツッコミしたいです(マテ)
    ではでは、お邪魔しました!

    返信削除
  2. なごやん(管理人)2009年4月15日 3:57

    李胡さん、こんばんは!
    ��今回もいろんなところに伏線が~(汗)
    やっぱりですか〜!
    OP前のも意味深でしたもんね…。
    ��エドとアルがどれだけ必死だったとか考えると…(´;ω;`)
    特にエドが…自分が言い出した事ですからね…。
    必死で弟の魂を呼び戻して、鎧に封じたというのがなんとも…心が痛い。
    魂の召還は禁忌ではないようだけれど、本当はやっちゃいけなかった事。でも、エドには、それしかなかったんですよね。
    子供には受け止めきれない現実だった。
    でも、アルを蘇らせたことで、余計に背負うものが増えてしまったような…。
    アルも魂だけになっちゃったのに、エドの事を責めないし…こっちも見てて辛い。
    ��錬成陣は綺麗に描けるのに錬成するもののデザインが微妙なエドにもツッコミしたいです(マテ)
    まあ、その辺は子供ってことで(笑)。
    うちの子達とかを見てても思うのですが、子供のデザイン・センスって結構笑えますからねぇ…。
    では、コメントThanksでした〜♪

    返信削除
  3. なごやんさんお久しぶりです^^rinoamary改めrinoです。なかなかTBの方送れなくってゴメンナサイ><。
    エドとアル可哀想でしたね。怖かったです。
    でも、何か今回展開が早かったですね(滝汗)
    次回のリオールに期待ですかねぇ!?
    あっ!それと相互リンクの方お願いできますか?私の方では、アニメの他にも漫画の感想も書いていますので、前向きにご検討の方をお願いたしますm(_ _)m

    返信削除
  4. う~ん・・・どうも前作の印象が強すぎて、慣れない感じなのですが・・・。
    細かいことですが、エドとアルの髪の処理とか、背景の描き込み方とかがどうも好きになれずにいます。
    前作は色調や背景が重厚な感じで、重いテーマとも合っていたと思います。
    あと、やっぱりキャラデが・・・;こればっかりはどうしようもないですね。
    脚本にはそれほど文句はないです。
    しかし、なごやんさんは錬金術関連にも詳しいんですね。さすがです。

    返信削除
  5. なごやん(管理人)2009年4月17日 20:05

    rinoさん、お久しぶりです♪
    ハンドル名短くなられたんですね!
    打ち易くて助かります(*^-^)
    こちらこそ、なかなかお邪魔できなくてすいません(汗)。
    ��でも、何か今回展開が早かったですね(滝汗)
    やっぱり展開が駆け足気味ですよね。
    じっくり見せておくところは、見せておかないと、描き方が浅くなって、作品に感情移入しづらくなってしまうんじゃあ…という気がしきりにしております。
    ��あっ!それと相互リンクの方お願いできますか?
    さっそく、当方へのリンク貼っていただいるようで、ありがとうございます♪
    こちらも、貼らせていただきました♪
    よろしくお願いいたします!
    それでは、コメントThanksでした〜♪

    返信削除
  6. なごやん(管理人)2009年4月17日 20:22

    よいこさん、こんばんは!
    ��どうも前作の印象が強すぎて、慣れない感じなのですが・・・。
    年数もあまり経ってませんしね…。中途半端に違うので余計にしっくりこないのかも。
    ��前作、あまり観てなかった私ですら、しっくりこないのですから…。)
    ��やっぱりキャラデが・・・;こればっかりはどうしようもないですね。
    他の方のブログやコメントから伺うと、原作になるべく忠実なデザインということらしいですよね。
    ん〜…確かにどうしようもない。
    脚本は、ほぼオリジナルの1話とかは、結構良かったように感じます。
    今後に期待します。
    ��錬金術関連にも詳しいんですね。
    錬金術「そのもの」については、あんまり詳しくないですよ〜(苦笑)。
    少女時代に興味をもって調べてみたけど、結局よく分からんかった…という(笑)。
    資料もあまりないですし…。
    昔から、基本的に作品の鑑賞のためにあれこれ調べるというスタンスなので、雑学が広く浅くなる一方です。(^-^;
    それでは、コメントThanksでした♪

    返信削除

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。