2009年1月23日金曜日

黒執事 第15話『その執事、競争』感想〜アッシュとアンジェラの関係は?〜

Allez、 cuisine!(「さあ、料理だ!」または「お料理、がんばれ!」かな?)



フランス語の言い回しとして、どうよ!?…というのは、某有名料理番組のせいなので、まあ置いといて…(苦笑)



原作、既読の人にはちょっと物足りなかったのではないかと思われる黒執事 第15話『その執事、競争』の感想です。



ドルイット子爵の華麗なカリー品評は、ほとんど原作どおりで笑えた…ので、いいんだけど…。



やっぱりアンジェラをこの話には絡ませて欲しくなかったよなぁ…。



面白いだけじゃなく、いい話だったのに、なんかこう話の筋の中心がブレちゃったような感じ。



どうも、今回のアニメのスタッフは『黒執事』の良さがどこにあるか分かってないんじゃないかって気がする(なんか、薄っぺらな感じ)。



いろんな要素がぐちゃぐちゃでも、絶妙なバランス感覚が妙にツボにはまるところとか…。
シエルとセバスチャンの関係は、契約という厳然としたものの上に成り立ち、なおかつそこへ互いの想いと思惑が絡み合ってるというところとか…。
ごった煮な絶妙バランスが面白いのであって…そのバランスは崩しちゃいかんのではないか。
オリジナルの完成度が低いのは…まあ許すとして、原作エピソードのいい部分はハズしちゃいけないと思うのだけど。



黒執事 6 (Gファンタジーコミックス)



(あらすじ):;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+



ヴィクトリア女王もお出ましになり、ますます盛り上がるカリー勝負。



アグニはブルーオマールを使用した7種のカリーのターリ(盛り合わせ)。



セバスチャンはチョコを隠し味に投入したカリーパン。



やはりこの両者が他を圧倒。



女王陛下はセバスチャンのカリーの、食べる人への思いやり、子供にも食べやすく、庶民性や利便性を兼ねている点を評価し、ロイヤルワラントを下賜することに決定する。



だがその時、アンジェラからもらった妖しげなスパイスを使用した店のカリーを食べた一部の観客(筆頭ミーナ)が突如暴動を起こす。



ソーマ王子は、妖しいカリーのスパイスの正体は、カーリー・マーという禁じられたスパイスであることに気づく(実は味覚だけは素晴らしい!ソーマ王子)。









シエルは、カーリー・マーのカリーを食べた後、セバスチャンのカリーパンを食べた人には異常がないことに気付き、皆にカリーパンを食べさせ、騒動は終わる。



アグニもソーマ王子と和解し、もとの鞘に。



セバスチャンに礼を言うアグニ。



アグニ:「王子も私も最高の友人に出会うことができました。」



セバス:「友人…ですか、そんなことを人(人間)に言われたのは、初めてです」



次回『その執事、孤城』



また、オリジナルですか。



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+



初登場の女王の従者または護衛、アッシュ。



アンジェラとどう見てもそっくりですよね。



アッシュは「黒幕」…というより、アンジェラとの絡みで「原因」だったりするんじゃないでしょうか?



アッシュの言うこと、結構まともですし。



アッシュの台詞、“真に清らかな、完全なる人などこの世にはいない”というのは、アンジェラの考え(穢れたものは消せ)とは少し違いますものね。



アッシュは光でシエルは影。アッシュを慕うアンジェラには穢れたものがアッシュと対であることが耐えられないから…とか?



あと、女王も妙にちっちゃいし…人形だったりしませんよね!?



まあ、このアニメ、そんなにしっかりした筋立てしてる訳ではないので、考えても仕方ありませんが…。



↓私の駒鳥♪押しておくれ〜♪(ドルイット子爵、最高♡)



人気ブログランキング参加中



うあ!?恒例の豆知識コーナー忘れとった!



…次の記事に分けていれることにしますorz






















8 件のコメント:

  1. はじめまして。黒執事の感想楽しく拝読しました。これからも読ませていただきたいと思います。

    返信削除
  2. なごやんさんこんばんは!
    原作にオリキャラを絡ませるとなるとちぐはぐになってきちゃうんですかね…アッシュの思惑はよくわからないですが何も考えずに見れば面白かったかなと(笑/コラ)
    なんだか別の料理番組を見てるようでした( *´艸`)
    ドルイット子爵のハイテンションぶりが最高に気持ち悪かったです(笑)
    オリジナルもいいけどしっかりした原作の話もみてみたいです~♪
    ではでは、お邪魔しました!

    返信削除
  3. なごやん(管理人)2009年1月24日 6:45

    らいちさん、初めまして!
    今回はいつもよりちょっと辛口だったのですが、
    楽しんで読んでいただけたのなら、幸いです。
    こちらこそ、よろしくお願いします♪
    コメントありがとうございました!

    返信削除
  4. なごやんさん こんばんは
    危惧してた通り ちょっと別の方向に話がズレちゃった感じですね…せっかくの原作エピソードが(涙)
    女王とアッシュは明らかに怪しいですし~
    私も女王は原作と違うし、もしかしたら人形じゃないかと思いました!
    やはり原作にオリジナルを混ぜ込むのはどうかと…
    セバスチャンのカリーパンも、その前のエピソードがあってこそなのに、綺麗にカットされちゃいましたからね(汗)
    単に何でも出来る執事って感じで終わらせちゃいましたが、試行錯誤するところも見たかったのに…
    何だか勿体無い感じがしました(苦笑)
    劉@遊佐さんの開眼シーンはありましたが、楽しみにしてた“あのシーン”がカットされましたし
    何の為に劉がいたのか…残念でしたね(苦笑)
    ではでは、失礼しました!

    返信削除
  5. なごやん(管理人)2009年1月24日 6:56

    李胡さん、こんばんは♪
    今回は源氏物語の1話を観て、思いっきりブルーになってから観たのがいけなかったのかもしれません(汗)
    ��アッシュの思惑はよくわからないですが何も考えずに見れば面白かったかなと(笑/コラ)
    確かに。時間をおいて見直してみると、これはこれで面白かったかな、と思います。
    ��ドルイット子爵のハイテンションぶりが最高に気持ち悪かったです(笑)
    ドルイット子爵、お気に入りです♪
    彼なら、原作より出番が増えてても、許せる(笑/コラ)
    ��なんだか別の料理番組を見てるようでした( *´艸`)
    みなさん、いろんな番組(味っ子とか、じゃパン!とか…)思い出されたみたいですね。
    私は「料理の鉄人」でした(笑)
    ��しっかりした原作の話もみてみたいです~♪
    お気に入りエピソードだったので、観たかったシーンが…たくさん(涙)
    ではでは、コメントThanksでした!

    返信削除
  6. なごやん(管理人)2009年1月24日 7:23

    流架さん、こんばんは♪
    やはり恐れていたように…。
    ��せっかくの原作エピソードが(涙)
    そうなんですよね〜。あれもこれも…カットされた所に観たいものがいっぱい残ってて(涙)
    ��もしかしたら人形じゃないかと思いました!
    結構な年のハズなのに手もきれいだし、人形でなければ、アンジェラかも…とも思ってました(会場にいましたものね)。
    ��試行錯誤するところも見たかったのに…
    珍しくセバスチャンが苦労する貴重なエピソードだったのに…。話に深みがなくなっちゃいますよね。
    ��楽しみにしてた“あのシーン”がカットされましたし
    何の為に劉がいたのか…残念でしたね(苦笑)
    劉だけでなく、藍猫に至っては単なる飾りに…(苦笑)
    取り敢えず開眼すればいいってもんでもないでしょうに…。
    開眼は、一応、女王が偽物か、アッシュが食わせ者かの伏線だと思いたい。
    ではでは、コメントThanksでした〜♪

    返信削除
  7. なごやんさん、こんばんは。
    ��話の筋の中心がブレちゃったような感じ。
    原作既読な自分としては同感です!そして『黒執事』の良さが分かって無いんじゃ?
    というのにも。なんかこー、残念な回でした(汗)
    アンジェラとアッシュは似過ぎでしょ!と思いつつ
    この2人が全くの無関係なら予想外すぎて面白いかも。
    ではでは、お邪魔しました〜♪

    返信削除
  8. なごやん(管理人)2009年1月26日 8:41

    AOBAさん、こんばんは!
    ��原作既読な自分としては同感です!そして『黒執事』の良さが分かって無いんじゃ?
    原作を読んでしまってると…やっぱり思う所がどうしてもありますよね。
    原作はスタート時はともかく、いい感じで進化してきているだけに…何故アニメの方は?という感じ。
    ��全くの無関係なら予想外すぎて面白いかも。
    アンジェラとアッシュが無関係だったら!?
    それは、かなりびっくりしますね(笑)
    アンジェラ…出さない方がこの作品、よくまとまったかも。
    では、コメントThanksでした♪

    返信削除

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。