2009年1月30日金曜日

黒執事 第16話『その執事、孤城』感想〜意外とまとも?〜(豆知識付き)

最近、ちょっとがっかり気味だったのに、今回、オリジナルなのに意外とよかった黒執事第16話『その執事、孤城』感想です。
前回の予告でフィニ関係かと踏んでいたら、まったく当て外れでした(゚ー゚;
戴冠式前に王位を簒奪され暗殺された悲劇の少年王エドワード5世とその弟ヨーク公リチャードの二人の幽霊話でした。





icon
icon



セバスチャンとわずかな間でも、離されてオタオタ身支度するシエルがなんとも微笑ましい…。



でもって、わざとひとタイミング遅らせて、わずかな放置を楽しんでるセバスチャンってば、イケズ(イジワル)やなぁ…♪



今回はこの二人の関係が、本来の描き方がされていて安心して観れました。



(ここんとこ、あれぇ?な感じが多かったし。)



セバスチャンの19世紀末の400年前風(つまり500年以上前ね)のコスプレも様になってて良かったですよ♪



まあ、個人的には家庭教師バージョンが一番の好みですが。



何気にセバスチャンの受け答えが黒くて、久々に悪魔らしくてよかったし…。



やっぱり黒執事はこうでなくっちゃね。



あ、そうだ!小野Dさんの「Yes, Your Majesty」も今回の収穫だわね[E:heart04]



オリジナル回の中では、これまでで一番良かったんじゃないでしょうか。



EDも、こういう内容なら雰囲気がばっちり合ってると初めて思いました。



あ〜、それにしても、EDのラストカットは、もの凄〜く有名な19世紀の印象派の絵をモチーフにしてるんだけど…なんだっけ???



タイトルが思い出せん(;´д`)トホホ…



誰か教えて〜(泣)



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+



(あらすじ)



ファントムハイヴ社所有のラドロー城のホテル改装工事が、幽霊のために一向に進まないため、シエルとセバスチャンは現地へと赴く。



そこには、エドワード5世とその弟リチャードの幽霊が住みついていた。



400年前、エドワード5世とその弟はロンドン塔に幽閉後、暗殺されたのであるが、その魂が幼い頃過ごしたラドロー城に舞い戻ってきていたというのだ。



リチャードにセバスチャンが気に入られてしまったため、エドワードとシエルはチェス勝負でセバスチャンと城を懸ける。



エドワードのイカサマでシエルが負け、セバスチャンはエドワードに仕え、シエルは客人として留まることに。



暗殺された日の記憶はないというエドワード。



エドワードはリチャードが手にした骸骨を親族の骨を並べたチェス盤に並べれば、リチャードを成仏させ、自分も成仏できると考えていた。



しかし、無理矢理骸骨を奪って、チェス盤を完成しても何も起こらない。



骸骨はリチャードのでも、エドワードのものでもなかったのだ。



それを知られたくなくて、リチャードは渡そうとしなかったのだ。



リチャードはようやく嘘から解放され、エドワードもまた、自らの記憶に蓋をして自分自身に嘘をついていたことに気づく。



嘘からの解放が魂の解放となり、二人は成仏する。



城の保全を約束しておきながら、改築工事を進めるシエルの耳にエドワードの言葉が響く。



「嘘つきめ♪」



次回、『その執事、奉納』



家族で観るには多少問題ある映像…って、いつも、そんなもんじゃないんですか!?(笑)



エヘン虫のCMよろしく、しきりと咳払いするセバスチャン(小野D)がよかったです[E:heart04]



グレルがまた登場するのも楽しみですね!



葬儀屋とグレルの競演!?が見物です。



↓紳士淑女の皆様、クリックしていただけますか?(小野Dヴォイスを妄想すべし。)



人気ブログランキング参加中



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.



さて、恒例、イギリス・ちぇ〜っく!



(豆知識コーナー)



エドワード5世&ヨーク公(ノーフォーク公)リチャード



200pxprinces
壁にかかってた肖像画のモデルはこれですね。



Sir John Everett Millais(サー・ジョン・エヴァレット・ミレー)作(1878年)の『塔の中の王子たち』という絵でロンドン大学の収蔵品。



今回は実在人物がモデルで、生い立ちや暗殺の経緯もほぼ史実(詳細は脚色ですが)。



エドワード5世(1470〜1483?)は即位前はラドロー城に本当に住んでいた。



リチャードのフルネームはRichard of Shrewsbury, 1st Duke of York and 1st Duke of Norfolk(シュルーズベリー生まれだったので、“シュルーズベリーのリチャード”にして、ヨーク公でノーフォーク公)(1473〜1483?)。



ロンドン塔に幽閉当時、エドワード5世は12歳、ヨーク公リチャードは9歳なので、『黒執事』のリチャードはちょっと小さいかな?



幽閉の理由は、叔父にあたるグロスター公リチャード(後のリチャード3世)に、“両親の結婚が無効(父エドワード4世に重婚の疑いあり)である”といちゃもんを付けられて、私生児扱いにされたため。



行方不明という扱いになっているが、永く暗殺はリチャード3世(グロスター公)の仕業だと信じられて来た。最近では、リチャード3世を打ち負かし、王位に即いたヘンリー7世も怪しいとされている。



シェークスピアの戯曲『リチャード3世』でも、この幼い二人を手にかけたらしいことが出てくる。



(参考:エドワード5世wikiリチャード・オブ・シュルーズベリーwikiジョン・エヴァレット・ミレーwiki





ラドロー城



11世紀後半にノルマン人の辺境貴族によって建てられ、14世紀初頭にロジャー・モーティマーにより立派な城として拡張された。15世紀にはエドワード4世の父のヨーク公リチャードに引き継がれ、バラ戦争を経て王室の物となった。



1811年にポウィス伯が王室より買い取り、今に至る。



伯爵家が所有しているという点は史実と同じだが、もちろんファントムハイヴ家では…ないわな(笑)



ラドロー城は、今でもホテルなんかに改装されることなく、現在も遺跡として保存され、観光地となっている。城下町は指定建造物が多く、小さいが美しく活気のある町として知られているようだ。イギリスにはしては珍しく(笑)、ミシュランの星付きレストランも多いらしい…。



(参考:ラドロー城wiki、英国政府観光庁公式サイト“visit Britain”内



ラドローLudlow Castle


















































10 件のコメント:

  1. なごやんさんこんばんは♪
    今回は黒執事の雰囲気のある良いオリジナルでしたね
    ヘタにオリジナルを入れた前回より良いんじゃないかと思ったり(ぁ)
    エドワードとフィニが似てるように見えたので てっきりフィニ関係かと思ったんですけど 全く関係無かったですね、それどころか史実を元にしてましたし(笑)
    ��まあ、個人的には家庭教師バージョンが一番の好みですが
    あ、私も同じく家庭教師な姿が♪
    眼鏡なセバスチャンが好きです~!
    今回の衣装も似合ってましたし、Your Majestyのセリフ最高でした(笑)
    黒い感じが出てて今回のセバスチャン良かったですね!
    次回は久し振りに葬儀屋@諏訪部さんの登場でw
    グレル@潤々も一緒という事で また騒がしくなりそうですね!楽しみDEATH☆(笑)
    ではでは、失礼しました!

    返信削除
  2. なごやん(管理人)2009年1月31日 18:12

    流架さん、こんばんは!
    ��ヘタにオリジナルを入れた前回より良いんじゃないかと思ったり(ぁ)
    同感です!!
    前回は原作どおりで、今回…とくればよかったのに!
    来週、アッシュがどう絡むかでまた評価がかわりそう…。
    史実ものを、今回はうまく活かせてましたよね。
    ��あ、私も同じく家庭教師な姿が♪
    私も「家庭教師」と「眼鏡」というセットがなんとも…♪
    セバスチャンの眼鏡はいいですよね。
    ��黒い感じが出てて今回のセバスチャン良かったですね!
    そうそう、黒くなくっちゃ!黒執事なんだし!
    ��前回、黒くないからすっきりしなかったのよね。)
    ��次回は久し振りに葬儀屋@諏訪部さんの登場でw
    グレル@潤々も一緒という事で また騒がしくなりそうですね!
    一度に聞けて、二度おいしい…みたいな(o^-^o)
    来週は、二人ともなるべくたくさん出て欲しいな〜♪
    待ち遠しいDEATH☆(笑)
    ではでは、コメントThanksでした〜!

    返信削除
  3. なごやんさん こんにちは~
    事後報告で申し訳ないのですが、今回のウチの黒執事感想記事の
    本文中に、この記事のリンク貼っちゃいました。
    「豆知識」が素晴らしいので♪
    私もあの絵は見たことありますが、二人の王子の悲劇を知らなくて(ぽりぽり)
    ここで読ませてもらって知った形です。
    これは自分が書くより、知りたい人はここに誘導した方が良いなと
    思い、勝手に貼らせて頂きました。
    よ、良かったかしら…(汗)(今頃聞くか?)
    今回はオリジナルですけど良かったですよね。
    期待してなかったのでビックリでした(おい)
    カリー対決には色々不満がありましたからねぇ…。
    原作既読の方は、みなさん大抵そうでしょうけど。
    >わざとひとタイミング遅らせて、わずかな放置を楽しんでるセバスチャンってば、イケズ(イジワル)やなぁ…♪
    そこですよね(笑)>わざと
    でもそれが彼の楽しみなんだろうし(笑)
    >今回はこの二人の関係が、本来の描き方がされていて
    うんうん。私もそう思いました。
    「黒執事」らしいや、と安心出来た。
    エドワードな斎賀さんが良かったです。
    王子声ですよね~。
    ピッタリ。
    斎賀さん効

    返信削除
  4. なごやん(管理人)2009年2月1日 2:59

    たちばなさん、こんにちは!
    豆知識リンクの件、ありがとうございます♪
    シリーズでずっとやってきた甲斐がありました(笑)
    ��まあ、wiki+αでほとんどwikiの再編集みたいになってることが多いんですが…今回ラドロー城はざっと和訳も致しました(汗))
    ��私もあの絵は見たことありますが、二人の王子の悲劇を知らなくて(ぽりぽり)
    私は絵じゃなくて、『リチャード3世』の方からで…確かそんなのいたな、みたいな。
    絵はきっとあるだろうと思って探したら…あった!(笑)
    ��「黒執事」らしいや、と安心出来た。
    視聴と感想続行を先週は悩みましたが、続ける気力ができました(苦笑)。
    ��エドワードな斎賀さんが良かったです。
    王子声ですよね~。
    こういう役には、ほんとぴったり…♪
    声優選びはばっちりですよね、『黒執事』。
    ��今までで一番ウケたのは、
    「はい、びろーん」ですけど(笑)
    私は放送前のマクロスF最終回の後の番宣かな…(笑)
    あれで、絶対観るぞと思った(←思うツボ)
    ��そして諏訪部さんの葬儀屋が、だ~ぁい好きなので、わくわくです。
    私もで〜す♪
    ぞくぞく楽しみに待ってます。
    ��流架さんや李胡

    返信削除
  5. 初めまして&お早うございます。
    どうぞ宜しく・・・
    話題沸騰の新EDのモチーフ??というのでしょうか?
    ベックリンの「死の島」シリーズ
    ・・・だそうですが・・・思い出されましたでしょうか?・・・
          (黒執事MBS公式site内・応援掲示板
                        &うぃっきーpedia)
    私個人としては 何というか、
    言葉は悪いですが「カマシ過ぎ」な感が・・・(恥汗)
    美しすぎます。
    いえ、心のパーツの中の1匹は
    いつもよりクルクル回っておりますが。(*゚▽゚)ノ
    では 通りすがりの駄文にて、失礼致しました。
    また拝見させて頂きたく存じます。

    返信削除
  6. なごやん(管理人)2009年2月8日 21:14

    koume jamさん、初めまして♪
    ��ベックリンの「死の島」シリーズ
    ・・・だそうですが・・・思い出されましたでしょうか?・・・
    うわ〜o(*^▽^*)o
    ありがとうございます♪
    やっともやもやが晴れました!
    掲示板の方まではチェックできてなくて…。
    20数年程前(!)、国内で展示があった際に現物まで観たくせに、すっかり忘れてまして…(汗)
    シリーズで何枚もあるのでどれか…というのは、また分からないのですが、私が観たものは、かなり大型キャンバスに油彩で描かれた迫力のある作品でした。
    とにかくインパクト大!でその日観た印象画の中で一番記憶に残ってたのに、忘れるとは…。
    ��言葉は悪いですが「カマシ過ぎ」な感が・・・(恥汗)
    美しすぎます。
    私も、きれいすぎて似合わない…という感じ半分、いいなと思うのが半分…。「この回には」合ってるという書き方をしたのもそのせいで…。
    それでは、コメント&情報ありがとうございました!

    返信削除
  7. 私もこの話大好きです!モチーフになった王子たちの逸話も気になっていたので、よくぞ使ってくれたという感じです。あと、エドワード愛用のチェスセット、あれは確か、博物館に入っている有名なものだと思います。これにツッコんでる人はいなかったので、書いてみました。でも、まあ、個人的には、金髪で、俺様で、兄バカの、斎賀さんキャラが登場しただけで、おなかいっぱいです(笑)。できれば、某作品の眞王のように、ずっと地上にいて欲しかったです。

    返信削除
  8. なごやん(管理人)2009年2月28日 4:43

    よいこさん、こんばんは!
    レスが本当、遅くなってすいませんm(_ _)m
    王子たちの逸話は、かなりみなさん、注目度が高かったようですね…。
    ��エドワード愛用のチェスセット、あれは確か、博物館に入っている有名なものだと思います。
    私も初耳です!(できれば、詳しく知りたいのですが…。)
    ハリー・ポッターの『賢者の石』に出て来たチェスセットのモデルなら分かるんですけど…(汗)
    “ルイス島のチェス駒”というやつで、大英博物館所蔵。レプリカは人気のおみやげ品だとか。
    ��金髪で、俺様で、兄バカの、斎賀さんキャラが登場しただけで、おなかいっぱいです(笑)
    そこんとこにハマられた方、多かったようですよね(笑)。
    お似合いですものね♪
    子供の学校行事やら何やら目白押しで、最近、記事もレスも遅れ気味になってますが、また懲りずに遊びに来てやってくださいまし。
    それでは、コメントThanksでした!

    返信削除
  9. すみません;私てっきりその「ルイス島のチェス駒」だと思ってたんですけど、よーく見ると、違うみたいですね;ただ、本当はあのチェスセットが使いたかったけど、版権の問題でダメだった・・・のではないかと思ったのですが、どうでしょう?見直してみて思ったのですが、城の中の暗い感じとか、内装の素敵さなんかもいいですね。・・・とにかく私はこのお話が大好きなんですね(笑)

    返信削除
  10. なごやん(管理人)2009年3月2日 22:58

    よいこさんへ
    ��よーく見ると、違うみたいですね;ただ、本当はあのチェスセットが使いたかったけど、版権の問題でダメだった・・・のではないかと思ったのですが、どうでしょう?
    う〜ん、私も、よく見えないし、それっぽいけど、わからんな〜という感じです。
    雰囲気で「ルイス島」に似せて、それっぽいものを描いたのかな…と思ってます。
    ��城の中の暗い感じとか、内装の素敵さなんかもいいですね。・・・とにかく私はこのお話が大好きなんですね(笑)
    確かに、それらしい雰囲気が良かったですよね。
    私もオリジナル回の中では、この話が良かったなと思います。
    では、コメントThanksでした!

    返信削除

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。