2008年9月13日土曜日

マクロスF 23話『トゥルー・ビギン』感想 三角関係の行方はまだまだ!

うおっぉおおおー、シェリルかわいい?!(*´Д`*)



で、予想どおりランカちゃんやっぱりのリトル・クイーン化!



で、三角関係の行方は最終話までひっぱりそう…だってマクロスの伝統だもの(笑)





てなわけで、マクロスF  22話『トゥルー・ビギン』感想。ネタバレバレなので、観てない人は読まないでね。所々管理人の深読み(勝手な)解説挿入あり。





「インプラントネットワーク理論とバジュラのゼロタイムフォールド通信を利用して」新しい世界を開きたかったことが判明…のグレイス。うーんネットワーク通信革命か、はたまた「アーカーシャの剣」(苦笑)ですか?意識をみんなで共有できちゃう?



「ゼロタイム」ということは「時間差なし、リアルタイム中継」で「フォールド通信」できちゃって、「インプラントネットワーク」をその中で構築する…ということは、グレイスのように脳内に「インプラント」を埋め込み、複数の意識の共有化を全銀河レべルでって、なんのこっちゃ、何がしたいねん。まあ、いろいろそのへんの技術を革新して、グレイスは「通信と意識の革命」、ビルラーは「運輸・交通革命」、小物レオンはフォールド鉱石の利権でも占有して「金と権力」をってことで手を組んでいたのが…なんでグレイス、一人で何したいんだか。



イントロだけで長くなりすぎた[E:wobbly]。OP、始めのランカの瞳にうつる星はバジュラ母星で、OPラストカットのバック絵はランカのバジュラ菌が一気に繁殖して定着した腸内イメージ(!)でした…と。



アルトとシェリルの夫婦ごっこ…みたいな。シェリルめっっちゃカワイイ(≧∇≦)!
これについては、詳しく書かない!もう何度も観て?としか言えないわ!



でも、この感じだと22話のあのシーン後は…未遂なのかな、やっぱり。



ランカとブレラはバジュラ母星について、ランカ歌うも、せっかく連れてきたアイ君はバジュラの本性に目覚めて、ランカを母星の巣の中心らしき場所に連れ去ってしまう。その時、ランカの記憶も完全復活。(第117調査船団の全滅はランカよりむしろグレイスのせいでは?)



ブレラは多数のバジュラに邪魔されて、ランカ救出できないばかりか、やってきたグレイスに「ランカは妹」とやっと教えてもらうが、スレイヴ(奴隷)モード発動で自由意志を奪われてしまう。(どうでもいいけど、ブレラの額の石はきっとフォールド鉱石で、グレイスのインプラントネットワークに組み込み済みなんでしょうね。だから、リンクを切ろうとしても切れないし、リアルタイムでブレラの見てるものは、グレイスにつつぬけ…と)



ランカの歌はマクロスFとマクロス1/4(クウォーター)にも探知されていて、それぞれバジュラ母星に向かうことに。もうあとがないマクロスFはバジュラ母星を移住先としてほぼ決定。



ビルラーとレオンはアルトにバジュラの生態を解説して、ランカはバジュラの手先だから倒すように協力要請。多分レオンの都合のよいように少し話しが変えられてるにしても、突っ込みどころ満載の説明…違うな、間違っているぞ、レオン!と…突っ込みたい…。[E:bearing]





ランカは母子感染でバジュラ菌が共存を選んだから腸内に定着で、シェリルは通常感染だから脳内感染して死亡確定なんて…あり?



バジュラは腸内細菌の働きで、一個体が1シナプスのようにしてネットワークを構築して機能しているから、個体ごとには脳みそいらん…て、んなあほな。アイ君、ちゃんと個体として行動しとったやん。しかも、バジュラ菌がランカを共存相手に選んだから、仲間として取り込もうとしているのだし、別にランカで人類を滅ぼそうとしているわけではあるまい。
ランカが共存の道を模索したいという考えを持っていることで、逆にバジュラにもその考えを伝えられるはず…多分ランカには理屈抜きでそんな確信のようなものがある様子。



病院で、シェリルはルカから新しい対症療法を勧められるも、断り、気丈に覚悟を語る(シェリルもしかしたら、延命ありうる?)。でも、震える手…せつない。



「優しいのは、罪よ。それが同情だってわかっていても…甘えたくなるから…」



同じく病院に通院中の父親を見かけるアルト。いつの間にか、父の背中が小さく見えるようになりました。兄弟子には、またいろいろ見透かされて、本当に戦いたいのか、本当の自分の道は何なのかと説教されてしまうアルト(この辺は最終的には、アルトがランカを助けて戦争集結に向かわせる伏線か?)





それでも、アルトはクランに、みんなのためにランカを倒さなければいけないと言って、これまでのランカへの想いを語る。それを聞いてしまったシェリルは、アルトの本命がランカだと思ってしまう。



一方、バジュラの巣の中で、ランカは、幼い頃のあいまいな記憶のまま、第117調査船団の全滅が自分のせいだと思い込んだまま、リトル・クイーン化。ランカの腸内はどうなってしまうんでしょう…?このリトル・クイーンてのが、まだなんの説明もないんですが、グレイスは大喜びですね[E:sweat02]バジュラのことを虫呼ばわりなのに、バジュラとリンクができてしまうのはいいのかしら?



次回はマクロスのお家芸、板野サーカスとシェリルの新作カット・ライブで決まり!って感じですね!(三角関係に決着は…あるのか?決着なしってのもありかな?)



どうやら o.s.t2『娘トラ』には終盤の使用曲を収録したいようですね。(



こちらのブログを参考にさせてもらいました。今月号のアニメージュついて書いてあります)







ということは、ライブ仕立てで、新曲と既存曲を何曲かつなげてするとか…かな?






2 件のコメント:

  1. 拙ブログへのコメント&紹介ありがとうございます!
    新婚さんごっご?のシェリル、本当に可愛かったですよね!いい年こいたおじさんが萌えてしまいました(笑)
    次回は「#05 スター・デイト」のスタッフが再集結なので、またまた可愛いシェリルに会えそうでドキドキです(爆)
    いや、ストーリーはもっとドキドキですが。

    返信削除
  2. なごやん(管理人)2008年9月20日 3:25

    こちらこそ、訪問ありがとうございます。
    最終話まで、目が離せませんよね!
    けなげなシェリルを見れるのも、あと少し…。
    せっかく、メアドも書いていただいたのですが、ココログフリーのメアドは私のMacには非対応なため、現在使用不可です。
    ��サポートに問い合わせても、未だに返事がありません)
    申し訳ありません。
    コメント欄のみのアクセスとなりますが、
    今後共、よろしくお願いします。

    返信削除

当ブログのコメント欄は承認制です。管理人が承認後に表示されます。